特選情報

廃車 静岡市 【まる得!! 廃車手続き費用無料】& 廃車買取ります! 車の無料処分や自動車解体を依頼する前に!!  車の処分方法の問い合わせだけでもOKです。  (藤枝・焼津・島田、静岡県中部地域)

静岡で車を廃車にしたい・車を処分したいと思ったら!【お得な車買取り店情報です】

自動車解体を依頼する前にぜひご一報下さい。車を持ち込んで頂ければ必ず買取ります。

********************************************
走行可能ならどんなに古くても買取ります!!
12,000円~51,000円(普通車) 程度が良い車・人気車ばプラス査定でお値段アップ!
廃車費用無料です。(買取り価格は車持ち込みの場合です)
********************************************
廃車買取りは 静岡市で創業50年、安心・確実の東海自販へ。

廃車 静岡市まる得情報詳細】← 国内では0円でも海外で売れる車があります。

★  営業日・営業時間はクリック➡営業カレンダー 8月13,14,15,19日はお休みです。はm(_ _)m

平日の営業時間はAM9~PM19時、日曜祭日はAM11~PM17時

地元静岡市を中心としたエリア限定のたいへんお得なサービスです。是非ご利用下さい。動く車であれば何でもお任せ下さい。持ち込んで頂ければ必ず買い取ります。弊社では使用可能であればどんな車でも中古車・中古品として価値を付け買取らせていただきます。

※ 廃車の場合、車両の買取り価格は11,000円~51,000円ですが、自動車税の未経過分は別途返金されますのでご安心ください。(平成17年以前の軽自動車は5,000円で買取となります)

今日の買取り価格➡★ 廃車買取り価格⇒詳細ページへ ★スマホは➡こちらから


車検付きの場合は残り分に応じて自賠責、重量税の買取りもいたします。
当社なら、廃車手続も無料で絶対お得です!

☆ 廃車買取価格の比較は税金保険等のコミコミ価格ではなく車両本体の買取価格に注目して下さい。

書類が揃っていれば即金で支払い致します。廃車証明のコピーは7日以内に発送します。

※【お知らせ】 普通車は廃車手続きをすれば未経過分の自動車税は還付されます。不要になり車をやめたいと思ったら速やかに廃車手続きをし片づけていきましょう。特に年度末の廃車手続きはたいへんこみ合いますのでお早めに申し付け下さい。(ただし、軽自動車は還付されませんのでご注意下さい。)

※必要書類は車検証をお手元に問い合わせ下さい。m(_ _)m

お帰りの際はバス停まで送りますのでお一人で来られても大丈夫です。

お問い合せは→ TEL  054-277-5000  ★目印は黄色の看板

 

 

 

「廃車買取り」のうたい文句にご注意

「古くても車検のたくさん残っている車や高年式事故車、あるいは低年式でも輸出対象となる車など儲けのでそうな車だけを買い取り、そうでないものは0円~数千円、結局戻ってくるのは自動車税の還付金のみ。」
このような話を良く聞きます。一部の高額買取り例を鵜呑みにしてしまうと後でがっかりしてしまいますね・・。
最近、一括無料査定を入り口としてネットでの個人情報の収集サイトが激増しておりますが、サイトの運営会社と実際の取引会社は別の場合が多く、時に、引き取り条件等にくい違いが生じることもあります。一度依頼してしまうと解約には違約金が必要となりますので事前の電話確認は念入りにいたしましょう。
税金保険の解約戻し金が加算されたコミコミ価格を あたかも車両代のごとく表示しているサイトの場合は内訳を確認しつつ慎重に商談を進めまるべきです。
可愛らしい顔のイメージガールについつい気持ちも緩んでしまいますが、実際の交渉相手は猛者ぞろいの敏腕バイヤーなのです。


当社では車を持ち込んで頂ければ、どんな車でも使用可能であれば、中古車・中古品として必ず買い取りいたします。ぜひ他社と買取価格の比較をしてみてください。

尚、弊社では自動車の破砕解体業務は行っておりません。解体処分をご希望の方は提携の自動車解体業者を紹介しておりますので申し付け下さい。

※ ここのところ中国の経済成長は減速しており鉄鋼生産も調整期に入っています。この影響が世界中に伝播し、スクラップ相場には暗雲が垂れこめてきております。古い車の買取りはこのスクラップ相場に影響を受けますので車の処分は早めにしたほうが良いと思います。

★廃車買い取り価格詳細ページヘ

 

古い軽自動車の廃車・買取り
↓↓↓サンプル価格↓↓↓
♪♪低年式軽自動車高価買取り♪♪

低価格の軽自動車は時代の要請です!

特に平成18年式以降で
走行距離の少ないものが高価買取りできます
      

古いトラックの廃車・買取り
↓↓↓サンプル価格↓↓↓
♪♪低年式トラック高価買取り♪♪

発展途上国で大人気!(特にディーゼル)

過走行・見かけはボロでも大丈夫!

  年式が古く、車買取り店では扱ってくれそうもない車は当社におまかせください!

オークションに出品しても低価格でしか売れない古い車は、買取り専業店ではあまり好まれません。オークションへの出品売却に伴うコスト(2万~4万円位)や、膨大な宣伝広告費を考慮すると低価格車は割りが合わないのです。

しかし、新車から10以上年経った車でも、走行距離が少なく、しっかりと管理されたものであればまだまだ十分に使用可能です。査定価格0円ということで、このような車をタダで廃車処分にしてしまうのは大変もったいないことです。
古くても人気車は高価買取
 
少しの整備、修理を加えるだけで立派な商品となります。景気低迷のいま、低価格の中古車をさがしている人がたいへん増えてきました。特に維持費の安い軽自動車、コンパクトカーが大人気です。

当社は自社工場で整備・商品化し中古車展示場店舗にて直接ユーザーに販売していきますので、古くても程度の良いものは高価買取り致します。大事に乗ってこられた愛車はぜひとも当社にお売り下さい。

                 

また、過走行、事故車、程度が悪い、古すぎる、不人気等で国内での商品化が難しくても、海外で中古車需要があったり、あるいは、車種によっては部品取りとして価値があったりします。
(ここ最近、輸出に関しては、円高・世界経済の減速等様々な要因でだいぶ陰りが見えてきました。早めの売却をおすすめします。)
  海外での人気車➡
               

ナビ、コンポ、ETC等の取り外しもおまかせ下さい(取り外しに時間の要する物は有料となります)。また、それらオプションパーツなども別途買取り致します。

先ずは、車検証をお手元にご一報下さい。おおまかな価格と必要書類をお知らせいたします。

お気軽にお電話下さい。中古車として商品化できなくても必ず買取りいたします。

東海自販株式会社 TEL 054-277-5000      

下記は、中古車として再販不可能な物であっても中古品・中古パーツとしての買取り価格です。(リサイクル料支払済車。※ 自走出来ない車は引き取り料がかかりますので、下記価格から引き取り料を差し引いた金額での買取りとなります。※ 静岡市、藤枝市、焼津市、清水の方を対象とさせて頂いております)

もちろん、中古車として再販、あるいは輸出可能な車は、車種・程度によりプラスαの金額を加算して高価買取りいたします。

軽自動車 11,000円  ※ 平成17年以前・走行10万km超えの軽自動車は5,000円

1000cc~1500ccまで 12,000円

1501cc~2000ccまで 18,000円

2001cc~3000ccまで 20,000円

3001cc以上 22,000円

※ ディーゼル車 2001cc~3000cc 32,000円

ディーゼル車 3001cc以上は51,000円で買取りします。

※ トラックはかなり古くても高価買取りできます。

廃車手続き代行料金は無料です。また、廃車手続きは7日以内に済ませ 必ず廃車証明のコピーを発送します。

※ 上記は車両本体の買取り金額です。 (車輌持込でリサイクル料支払い済みの場合です)

※ 廃車手続きをすることで払い込んだ保険料、税金の未経過分の還付をうける(戻してもらう)ことができますのでご安心下さい。
(還付の金額は、車検残り月数、車種、排気量、廃車する月で決まってきます。)

※ たまに、廃車解体となる車が7万円、10万円になったという話を聞きますが、車両本体のみでそのような金額になることは 現在の鉄買取り相場から考えてありえないことです。税金や保険金の還付金が加算されたものと思われます。年度始めに車検がある程度残っている車を廃車すればその程度の還付金は十分に戻ってきます。

※上記買取り価格は車両を当社に持ち込んで頂いた場合です。(事故車、故障車の引取り回収にも対応しますが、車両の状態、引き取り場所によって費用がかかりますので事前にお問い合わせ下さい。)

※長期放置車両等(粗大ごみ、廃棄物に類する物)の回収処分は行っておりません。

※廃棄解体処分の業務は行ったおりません。解体処分をご希望の方は自動車解体業者を紹介いたします。

 

          (★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*


一発で相場が出てきます⇒ 

個人情報を出さずに簡単に自分の車の査定価格を調べる方法】

トヨタ自動車が運営するサイト⇒ GAZOO.com の「下取り参考価格」

日産自動車が運営するサイト⇒ 「日産下取り価格趣味レーション」

これが、なかなかの優れもの!!。一度ためしにやってみましょう。
氏名、住所、連絡先の入力が必要ないので気軽に使えます。(^-^)

走行距離が少なめで、程度も良好なら買取相場の参考にしてよいと思います。
1分もあれば自分で査定基準価格を調べられます。
無料一括査定を依頼して猛烈な電話、訪問攻勢を受ける前に下調べをしておきましょう。あるいは、まだ売るつもりはないが、「とりあえず査定額を知りたい」「買取り相場を知りたい」という方にとっても 大変頼りになるサイトです。「下取り参考価格」とのことですが、結構リアル?な数字がでてきます。
よく、電話で車種、年式、走行距離を伝えるだけで、大まかな買取価格を教えてくれるところがあります。
当然、飛び上がるほど嬉しい値段を伝えてくれますが、実際に車を見せて査定をしてもらうと、
(,,-_-)・・・てなことに。
先ずは、現実的な価格を知っておきましょう。

                                           

 

※ 最近、鉄鋼買取り相場が持ち直してきましたが、廃車をお考えの方は、急いだ方が賢明です。
(欧州の経済危機の再燃、中東や朝鮮半島の政情不安、中国経済成長の鈍化、西側の締め付けによるロシアの経済危機等々で先々の鉄鋼相場は大変不透明です。ひとたび事起これば、たちまち暴落し「廃車は有料」、なんてことになりかねません。不要な車は相場の高いうちに売却しましょう。)平成29年11月

【参考】

一般社団法人 日本鉄リサイクル工業会

H28.11.1.スクラップ市況

10月の国内鉄スクラップ相場は、全国的に概ね様子見横這いで推移した。電炉メーカーの購入量や輸出量は盛り上がりをかき、国内の需給バランスに大きな変化は見られなかった。月末時点のH2炉前価格は、関東が18500~19500円、関西が19500~20000円と、共に前月とあまり変化はない。

 

平成26年12月1日

○ 市況報告

11月の国内鉄スクラップ相場は上旬に底入れし、地域によっては上昇に転じた。前月末から急激な円安ドル高が進んだことで輸出への警戒感から、国内では一転して購入価格を引き上げる動きが広がり、11月末の関東地区H2炉前価格は前月末比1,000~1,500円値上がりしている。輸出相場では日本の鉄スクラップがドル建て価格で競争力を回復し、東南アジアや台湾向け成約が増加したほか、韓国向け輸出FOB価格も反発した。

一方で、国内の需給環境に前月から大きな変化は見られず、円安効果を除けば価格の上伸力は乏しく、特に中部や関西以西では様子見から弱含み地合いで推移している。海外では米国内相場を代表するコンポジット価格が$30/トンもの大幅下落を示し、同国からの東アジア向けNo1HMS成約価格も$300 CFR際まで続落するなど下げ一辺倒の動きで推移した。鉄スクラップ以外でも中国からの鋼材輸出の増加、鉄鉱石価格のさらなる下落など外部環境も依然として好転していない。そのため国内では円安ドル高が支えとなる一方、需要が牽引する形での市況の上昇は見込み難く、年末を迎え荷動き好転も見込めるため先行きには悲観的な見方も出てきている。

平成26年6月2日

日本鉄リサイクル工業会は6月2日、国内の鉄スクラップ情報を発表した。5月の鉄スクラップ相場は様子見商状を示し、概ね横ばい基調をを辿った。大型連休後に5000円値下げした地区も一部で見られたが、各地とも市況の変動は小幅にとどまった。需給状況に大きな変化は出ない見通しで6月の国内相場もほぼ横ばい基調と思われる。

 平成25年5月1日  (社)日本鉄リサイクル工業会

Ⅰ.市況報告

4月の国内鉄スクラップ市況は、昨年末から持続してきた円高修正を追い風とした輸出向FOB価格上昇に起因する高騰局面が一段落し、月間を通して断続的な値下げが表面化することとなり、月初比約2,000円方値下がりして月末を迎えている。
この変化は、中国での鋼材生産増に歯止めが掛からず、余剰品がアジア市場に流出した結果、韓国等周辺諸国の鋼材市況を圧迫し、需要家の鉄スクラップに対する購買意欲が減退してきたことが大きく影響している。 また、米国産鉄スクラップのトルコ向け、アジア向け価格も目立った成約もないまま価格は続落し、為替の影響で米国産と比較し割安感のあった日本産鉄スクラップの競争力が失われて、韓国を中心としたアジア需要家向けFOB価格は国内市況以上に下落している。
国内に目を転じれば、季節的には大型連休を前に電炉メーカーの鉄スクラップ需要が膨らむ時期にも拘らず、鋼材市況不冴を反映して電炉メーカーの購買意欲は低く、当面鉄スクラップ需要増は期待できない。 従って、世界的に鉄スクラップ相場が下落している状況下、国内鉄スクラップ市況も弱気感が漂う展開で越月している。


(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*

    【必要書類】

・印鑑証明書(車検証の所有者欄に記載の方の印鑑証明)
・車検証
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書
・委任状(所有者の実印が必要です)←この書類は当社の置いてあります。
・譲渡証明書 (所有者の実印が必要です)←この書類は当社に置いてあります。

※車検証と印鑑証明の住所・氏名が異なる場合は、以下のものが必要になります。
・住所変更が1回の場合…住民票
・氏名変更がある場合…戸籍謄本
・複数回の住所変更がある場合…戸籍の附票、または住民票の除票

所有者が亡くなったとき

「自動車を相続する人が複数いる場合」、例えば「車の名義人が父親、その父親が亡くなり、それを相続権利のある人が、妻、兄弟、姉妹などである」場合などなん人かいる時は、車の名義変更に関する書類と共に「遺産分割協議書」、「相続人全員が記載されている戸籍謄本」、「相続人」の印鑑証明などが必要となります。


 ※ 印刷(PDF)⇒ ・譲渡証明書 委任状

     

                  

※ 印刷(PDF) ⇒ 譲渡証明書 委任状 遺産分割協議書

 

**************************************************************
以下は海外の中古車事情に興味のある方のみお読み下さい。

H26.4.20

日本中古自動車輸出業協同組合がまとめた4月の中古自動車輸出台数は、前年比9,948台増の123,626台となった。仕向け国別ではロシアが首位となた。2位以降はミャンマー、アラブ首長国連邦、ニュージーランド、チリ、南アフリカ、ケニア、キルギス、モンゴル、タンザニア、パキスタン、マレーシア、ウガンダ、フィリピン、ザンビア、グルジア、スリランカ、モザンビーク、トリニダードトバゴ、スリナムとつづく。増税後も輸出は堅調である。

H25.06.13

日本中古車輸出業協同組合がまとめた3月の中古車輸出台数は、前月(2月)比1万1075台増の10万4992台となった。仕向け国別では前月に続きロシアが5ヶ月連続首位となった。首位のロシアは、前年同月比3.4%減の1万4802台。前月に続き2位となったミャンマーは、前年同月比58.2%増の1万3990台となった。3位はアラブ首長国連邦。輸出台数は前年同月比4.6%減となる9598台となったが、上位3カ国は前月と同様で堅調。全体の前年同月比較では、11.8%増。上位国で伸び率が高かったのは、グルジア(114.5%増/580台→1244台)、モンゴル(106.6%増/1707台→3526台)、チリ(58.0%増/5992→9469台)、モザンビーク(49.4%増/981台→1466台)、続いてスリナム、南ア共和国、ニュージーランドで前年比40%以上の伸びがあった。その一方で、パキスタン、スリランカ、ウガンダ、フィリピン等では、全体が伸びる中、減少が見られた。前月(2月)比較でも、全体で25.0%増と伸張。ウガンダ、パキスタン、モンゴルが輸出台数を大きく伸ばした一方で、フィリピン、ザンビアが前月比を下回った。

★☆海外中古車トレンド情報☆★           ~ウガンダ編~

ウガンダへ中古車を輸出する際の輸入規制について

年式の規制は特にありません。JEVICの検査が必要になります。

実際にGoo-net Exchangeにウガンダから入っているオファーは下記のようになります!

↓  ↓  ↓  ↓

 メーカー 車種
1位 トヨタ イプサム
2位 トヨタ ランドクルーザー100
3位 アウディ A6
4位 BMW X5
5位 イスズ ビックホーン
6位 ランドローバー ディスカバリー
7位 マツダ CX-7
8位 マツダ プロシード
9位 メルセデス ベンツ A160
10位 メルセデス ベンツ C240

★☆海外中古車トレンド情報☆★           ~スリランカ編~

スリランカへ中古車を輸出する際の現地での輸入規制について

スリランカでは2009年に関税率表の品目番号と輸入関連諸税の大幅な改訂がありました。以下HSコード第87類
に入る中古車の現地の輸入規制および輸入手続きについて説明します。

1.輸入規制:
(1)輸入管理許可書(ICL: Import Control License)がなくても輸入可能な中古車:
a.当該車の新車登録日から船積日(B/L date)まで3年半以内の乗用車・ジープ
b.5年以内の商用車(バス・バン・トラック等)
c.7年以内の建設用大型車
d.10年以内の特殊用途自動車
(2)輸入管理許可書(ICL)が必要な中古車
上記(1)以外の中古車輌の輸入については、輸入・輸出管理局(Department of Import & Export)の
許可を得る必要があります。

(注)上記の区分けは、あくまでも目安です。ICLが必要となる車両の仕様・用途については、スリランカ
税関局(Sri Lanka Customs)のHPにある関税率表(後述)において品目番号の行内に「L」マーク
が付されていますので確認ください。
(3)輸入できる車は、右ハンドル車に限られ、車両寸法・重量に関する規定があります。排ガスに関する制限は
ありませんが、古い車についてはICLの対象となります。また走行安全性等については、義務付けられている
船積前検査(後述)項目に入っています。
(4)全ての輸入中古車両は使用前に予め自動車交通局(Department of Motor Traffic)への車両登録
(Motor Vehicle Registration)を、登録申請書の様式「MTA2」を用いて行わなければなりません。

実際にGoo-net Exchangeにスリランカから入っているオファーは下記のようになります!

↓  ↓  ↓  ↓

 メーカー 車種
1位 トヨタ ヴィッツ
2位 トヨタ カローラアクシオ
3位 トヨタ アリオン
4位 トヨタ プリウス
5位 トヨタ ハイエースバン
6位 スズキ スイフト
7位 トヨタ プレミオ
8位 トヨタ ベルタ
9位 トヨタ ランドクルーザープラド
10位 トヨタ パッソ

★☆海外中古車トレンド情報☆★           ~タンザニア編~

タンザニアへ中古車を輸出する際の輸入規制について

1.タンザニア中古車規制の概要
製造年度、左右ハンドル位置について規制はありません。ただし、2006年7月以降は年式規制が施行され、
製造年から10年以上超過している中古車(トラック、バス等の商用車を除く)の輸入に対しては追加の課税が
あります。

実際にGoo-net Exchangeにタンザニアから入っているオファーは下記のようになります!

↓  ↓  ↓  ↓

 メーカー 車種
1位 ホンダ CR-V
2位 MERCEDES BENZ M-CLASS ML350
3位 トヨタ カローラフィールダー
4位 スバル フォレスター
5位 トヨタ RAV4
6位 CHRYSLER JEEP GRAND CHEROKEE
7位 ヒノ レインボー
8位 ホンダ ストリーム
9位 MERCEDES BENZ CLS-CLASS CLS350
10位 ミツビシ フソー その他

★☆海外中古車トレンド情報☆★           ~ザンビア編~
今回はアフリカ南部の内陸国、ザンビア共和国をピックアップ。

ザンビア共和国(ザンビアきょうわこく)、通称ザンビアは、アフリカ南部に位置する共和制国家。
かつてはイギリス領北ローデシアであった地域である。首都はルサカ。2010年に発表された世界平和度指数ランキングでは149か国中51位となり、アフリカでもっとも平和な国の一つとして評価されている。
この国と南隣のジンバブエとの国境に流れるザンベジ川には、世界三大瀑布の一つと称される「ヴィクトリアの滝」がある。アフリカを代表する動物、ゾウ、カバ、キリン、シマウマ、ヌーも多く住み、大自然が大変良く残されている。


経済的には後発開発途上国(いわゆる最貧国)の一つである。世界的な銅の産地であるカッパーベルトを擁し、日本の十円硬貨にもザンビアから輸入した銅が含まれている。他にも鉛、亜鉛などを産出する。小規模ながら繊維工業なども存在する。しかしながら、主力の銅生産は生産設備の老朽化や投資環境の未整備、銅価格の下落などにより不振が続いており、銅のモノカルチャーに近かったザンビア経済は長期低迷を続けている。
日本はこの国の援助に力を入れており、経済協力は年間5,200万ドル(約57億円、2001年)に及ぶ。この額は日本の対アフリカ援助で3番目となっている。

国土面積は752,614km2で人口は12,935,000人、通貨はザンビア・クワチャである。

 

ザンビアへ中古車を輸出する際の現地での輸入規制について

車両はJEVICが行うザンビア路上使用適格性検査(車検と同様)に合格する必要があり、輸出前に検査を完了していなければなりません。また車両はフロンガス(R12)が除去されていなければなりません。車両の製造年度規制は無く、左ハンドル・右ハンドル車は共に許可されています。

実際にGoo-net Exchangeにザンビアから入っているオファーは下記のようになります!

↓  ↓  ↓  ↓

 メーカー 車種
1位 マツダ アテンザ
2位 三菱 キャンター
3位 クライスラー PTクルーザー
4位 ホンダ CR-V
5位 マツダ ファミリア
6位 ミツオカ ラ セード
7位 モーク ミニ
8位 日産 X-TRAIL
9位 トヨタ アレックス
10位 トヨタ アルテッツァ
 

 

 

中古車情報

前の記事   後の記事

メニュー

JUショップ

中古車のお問い合わせ

店舗画像

東海自販株式会社
中古車展示場

〒421-1223
静岡県静岡市葵区吉津361-1
TEL:054-277-5000
FAX:054-277-2375

東海自販株式会社
整備工場

〒421-1223

静岡県静岡市葵区吉津487-1
TEL:054-278-6656
FAX:054-278-8763

サービス対象地域

静岡県 静岡市 藤枝市 焼津市 清水区 葵区 駿河区

最寄駅

JR東海道本線 静岡